Daisukeyの日記

安井大輔の日記です。

地蔵の首はどこに行った?

首なし地蔵

家の近所にずいぶんひなびたお堂があって、中に地蔵が祀られている。
が、よく見たら首がない。

こういう定型からの逸脱(いわゆる畸形、実像だろうと偶像だろうと概念においては同じこと)には大体伝説や謂れがついて回るものだが、
その類はあるのだろうか。

仏は人に化身するものだが、中でも地蔵は観音に並んでその頻度が格段に高い。
それだけ人界との結びつきが強いということだ。
では、この像と人との間にはどんな物語があったのだろうか?
打ち首にあった人の身代わりになったか、斬首の恨みを持った霊でも取り付いたか?

今度ひまがあるとき、じっくり本人に聞いてみよう。